「ようこそ新座柳瀬高等学校へ」

校長 鴨志田新一

 

 

   

 埼玉県立新座柳瀬高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。このホームページが多くの県民の方々をはじめ本校に入学を希望する中学生の皆さんや、同窓生の皆様、在校生、保護者の皆様に本校の教育活動を理解していただけるよう、随時更新を図ってまいりたいと考えています。

 さて、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、6月1日から分散登校などを行い、段階的に学校を再開してきました。マスクの着用、手洗いや消毒の徹底、朝の健康観察、昼食指導など、学校全体で感染症防止対策に取り組んできました。7月31日に1学期の終業式を行い、夏季休業になります。首都圏を中心に感染者が増加していますが、少しずつ、日常の教育活動に戻ってきています。
 本校は平成20年度に旧県立新座北高等学校と旧県立所沢東高等学校が統合し、全日制の単位制普通科高校「埼玉県立新座柳瀬高等学校」として開校しました。今年度は創立13年目を迎え、これまでに多くの社会に有為な「人財」を輩出してきました。新しい時代を迎えるにあたって、生徒の確かな学力の定着と豊かな人間力を育てる教育活動に意欲的に取り組んでいきます。
 本校は、今年度から目指す学校像を「人と社会と未来に繋がり、次世代を生き抜く力を育成する学校」と改めました。これからの次世代の社会を担う生徒一人一人を宝として、きめ細かい指導を行っています。特に単位制の特色を活かして生徒の多様なニーズや進路希望に応じた多くの選択科目の設定や1年次の数学の習熟度別少人数授業展開、英語の少人数授業展開を始め、対話的・主体的で深い学びの視点からの授業改善、1年次から3年間を見通したキャリア教育の展開など、生徒の学習意欲を高めるとともに、生徒の学力向上と希望する進路実現を図っています。
 部活動についても活動が再開し始めました。夏季休業中には、いくつかの部活動が大会に参加します。本校は、これまでに全国大会出場の演劇部をはじめとして、野球部、バトミントン部、ソフトテニス部、書道部、美術部など、運動部・文化部ともに活発に活動し、各種大会で好成績を収めています。
 また、学校の北側を流れる水豊かな柳瀬川のように、自律心や規律ある態度を持ち、相手を思いやり、周りの人に感謝の気持ちを持つ心豊かな生徒の育成に努めています。
 新座柳瀬高等学校は、教職員全員で勉強や部活動に頑張る生徒を常に全力で応援しています。引き続き、保護者、地域社会、県民の皆さまに信頼と期待に応える「柳瀬ブランド」を追求していきます。今後とも変わらぬご支援とご協力をお願いいたします。


令和2年7月31日