柳瀬日誌

R元年度 ITパスポート試験 更に1名合格

ITパスポート試験に本校3年次生

更に1名合格しました(事情により氏名の公開はなし) 

 

既に合格した  阿部 一樹 (新座中学校)、結城 真弦 (大井中学校 )

      橋本 隆平 (和光大和中学校)、長谷川 諒 (朝霞第一中学校)

      吉本 怜央 (所沢柳瀬中学校)、武田  晃和(和光大和中学校)

                     長濱 さくら(大井東中学校)、山田 竜之介(新座中学校

と合わせて、今年度の合格者は9名 となりました。

新座柳瀬高校開校((12年目)以来、合格者数は最高記録更新となりました。

 

ITパスポート試験は、平成21年度より新しく創設された情報処理技術者試験であり、

経済産業省が認定する国家試験です。

ITパスポート試験の合格者は

「情報技術に携わる者に必要な最低限の基礎的知識を有し、要求された作業について

指導を受けて遂行できるレベルである」 

と言われています(経済産業省が示したCCSFレベル1)

 

  


したがって、大学・専門学校生はもちろん、一般社会人も挑戦する試験であり、

高校生にとっては難関試験の一つです。


本校では、3年次選択科目に「ITパスポート試験」という科目が設置されており、

通常の授業、放課後や長期休業中の補習等にて対策講座を実施しています

試験は随時受験することが可能です。

この科目を選択している他の生徒達もこれから多数がチャレンジするので

今後、より一層合格者数が増えることが期待できます。

 

また、ITパスポート試験の早期合格者対象に、更に上位試験である

「情報セキュリティマネジメント試験」、「基本情報技術者試験」

(経済産業省が示したCCSFレベル2)の対策講座も随時行なっています。